ベトナムホーチミンで見つけた本格的ステーキ店「B3」が美味すぎた。


スポンサーリンク

maco
こんにちはmacoです。

唐突ですが、ベトナムに行ったらどんな食べ物を食べたいですか?

私は、やっぱりベトナム料理でしょう!と思っていました。

ベトナム旅行に行った時には「せっかくベトナムに来たんだから、思う存分にベトナム料理を楽しむぞ~」と毎日ベトナム料理を食べるのが習慣でした。

ですが、今回ホーチミンに行った時に、ステーキのレストランに行く機会が!!そしていざ行ってみると、なんともゴージャスなステーキを食べることができるではないですか!そんなレストラン「B3」をご紹介します。

ホーチミンは穴場的レストランが以外に多い?

以前フランスの植民地だったベトナムは、(ベトナム料理も含め)当時の影響を今でも受けています。例えば、ベトナムのパンはとても美味しいということで有名で、東南アジア周辺の人たちが 「ベトナムパン」をわざわざ食べに来るほどです。

そして、フランス人を始め外国人が多く住んでいることから、おしゃれなレストランもたくさん存在します。その1つが「B3」です。このレストランを紹介してくれたのは友人です。

友人
以前ホーチミン旅行の時に行ったレストランがとても美味しかったから一緒に行こうよ!

ということで、「B3」に行くことにしました。念の為、電話をしてみたところ、人気店のようで予約でいっぱいでした。なんとか空いている時間に入り込み、レストランに行くことにしました。電話してみて正解でした!

「B3」の店内は?

「B3」はショップロット(お店が連なっている通り)の2階にありました。少し控えめに見えますが、とてもシックな外観です。

店に入ると、オレンジ色の照明でとても落ち着いた空間になっていました。店内も革張りのソファやどっしりとしたテーブルなどクラシックな家具がセレクトされていました。

それとは裏腹に、壁には、モダンな絵が描かれています。クラシックと、モダンがうまく調合され、ゆったりとした雰囲気です。

ここにいるとベトナムにいることを一瞬忘れそうになります。

生ビールを頼むべし!?

まず、注文したのが「クラフトビール!」色々な種類のクラフトビールがありました。メニュー表には(しかも日本語表記もあり)それぞれのクラフトビールの特徴がわかりやすく説明されていました。

それで、「ビールのことをあまり詳しく知らない」という人でも、自分好みのものを選ぶことができます。

メインのステーキを!

ビールを注文したら、今度はメインのステーキを注文!

さすがステーキ専門店なだけあり、たくさんの肉の種類の中から選ぶことができます。ステーキもそれぞれの部位や肉の種類ごとに説明が載せられています。

しかもこれも日本語表記です!英語が苦手な人でも安心して、「自分が食べたい!」という肉の部位を選ぶことができます。

ステーキは200g、300g、500gの中から選ぶことができます。そして付け合わせのサイドメ ニューやソースも選ぶことができました。みんな思い思いに自分たちの食べたい肉を注文していき ました。

そしてお待ちかねのステーキが!

とてもおしゃれに載せられていますが、デーン!と大きく載ったステーキにみんな大興奮!

頼んだ肉の種類によって、形が微妙に違うのも興味深かったです!

こちらは500gのステーキを頼んだ人のプレート!ステーキが小さく見えますが「まな板?」と 思えるほどの、とてつもなく大きなプレートに載せられて運ばれてきました。

写真では迫力がわかりにくいですが、ステーキがポツンと真ん中に置かれた様子が逆に、ステーキの存在感を際立たせています。

それが選んだ肉の種類や部位によって、本当に味が違ったんです!それぞれみんなで味見をしながら「肉の味」を味わうことができたのも、ステーキ専門店ならではの楽しみ方です。

「肉ってこんなに味が違ったんだ!」と初めて実感しました。

サイドメニューも美味しい!

ベイクドベジや、ポテト、ガーリックトーストなどのサイドメニューも選ぶことができました。何グラムの肉を選んだかによって、選ぶことができるサイドメニューの数が決まっていました。

私たちは、色々なサイドメニューを頼んでみんなで味わうことに…。どれも、それだけでメインになりそうなくらい美味しいものでした。

オーナーはフランス人!

ステーキをたっぷりと食べ、すっかり満足して帰る時、店のドア付近でニコニコとした表情で

男性
美味しかったか?

と話しかけてくれる男性がいました。話してみると、その人こそがオーナーでした!彼はフランス人だということ。とても気さくな方で、レストラン同様、とても居心地よさを感じさせる人でした。

素敵な時間を!

美味しい料理に、親切な対応をしてくれるスタッフ、笑顔のオーナー…。

私たちは、料理だけでなく「レストランにいた時間そのもの」を楽しみました。

「B3」は名刺に「All you need for a good time」(みんなに素敵な時間を…)とかれている通り、特別で楽しい食事を味わうことができる場所です。

また、日本で食べたら高額すぎて食べることができない!というものを比較的リーズナブルな値段で食べることができるのも大きなポイントです!

ベトナム料理ももちろんいいですが、「今日はちょっと特別な食事がしたい」とか「ベトナム料理以外のものも食べたい」という方にぴったりの場所だと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です