マレーシアのFamily Martのおでんは本当に美味しいのか?食べてみた!


スポンサーリンク

maco
こんにちは、macoです。

今回はFamily Martの看板商品(?)おでんについてご紹介します。Family Martは最近マレーシアに進出しマレーシアに昔から進展しているコンビニといえばセブンイレブンでした。

でもここ数年でFamily Martを見かけるようになってきて、ローカルに大人気!マレーシアのセブンイレブンの店内はマレーシア色が強いのに対し、Family Martは日本の雰囲気を大切にしているイメージを受けます。

その中でも今回は特に「おでん」についてレポートしたいと思います。

レジにはおでんが!

マレーシアのFamily Martのレジには日本のFamily Martでもお馴染みの光景を目にすることができます。その中でも特に日本らしいのは、この「おでん」ではないでしょうか?

レジのテーブルに置かれ、グツグツと煮立っている「おでん」を見て、つい買ってしまったという人は私だけではないはず!

それで、マレーシアで初めて「おでん」のコーナーを見たときには、嬉しかったのと同時に、「ローカルはどんな反応を示すんだろう?」と興味津々な気持ちになりま した。

おでんに垣間見るマレーシアらしさとは?

マレーシアのおでんコーナーの見た目は日本のおでん売り場とそれほど変わらない印象を受けますが、メニュー表を見るとマレーシアらしさを垣間見ることができます。

例えば、卵、大根などおでんでお馴染みのメニューを除くと、ほとんどが練り物であることに気づきます。こんにゃくなどは入っていません。

実は、マレーシアでは練り物がよく食べられています。スティームボートというマレーシアの鍋には練り物がたくさん入っていますし、麺類料理の具材にもよく使われています。

それで、練り物がメニューにたくさんあることによって、マレーシア人にとって馴染みやすくしているように感じます。また、地元で手に入りやすい材料でおでんが展開されているようにも感じます(コスト削減のため?)。

マレーシアだけで食べることができるスープとは?

マレーシアのおでんは日本でお馴染みの出汁の味に加えてもう1つのスープが!それがトムヤンクン味!

トムヤムクンはもともとタイ料理ですが、タイと国境を接しているため、マレーシアでもトムヤムクン味のものは好んで食べられています。

例えばトムヤンクンヌードルというメニューがあり、トムヤムクン味のスープに麺が入っています。それで、マレーシアでトムヤムクンスープのおでんが展開されていても、それほど驚くことではありません。

気になるおでんのお味は?

私も早速おでんを食べてみることにしました。私が選んだのはやはり出汁のおでん。「マレーシアのFamily Martでどれほどおでんの味が再現されているのだろう?」とワクワクしながら食べてみます。

その気なるお味は……

「本当に美味しい!」

出汁の味がしっかりとしていて、日本のおでんとそれほど変わりがありません!

気になる練り物も試してみると…。

練り物の中に味が染み込んでいてとても美味しい!日本のおでんに入れる「ちくわ」や「丸天」と同じような感覚で食べることができます。

久しぶりに食べる優しい日本の味に大満足でした。

ローカルの反応は?

実は、おでんはローカルに大人気なんです。特に食事時の時間帯や空港や駅など人通りの多い場所では、おでんコーナーにはいつも行列ができているというイメージを受けます。

Family Martに設けられているテーブルに座って、おでんなどを楽しんでいる人たちの様子も頻繁に目撃します。

オリジナルの出汁の味かトムヤムクン味かどちらのフレーバーを好むのか気になるところですが… 彼らが食事をしている様子をさりげなく伺ってみると、多くのマレーシア人たちはトムヤムクン味のスープを好んでいるように感じます。

やはり、食べ慣れた味の方が人気なのでしょうか?

Family Martが日本のコンビニを再現しているというのも嬉しいことですし、その中でもマレーシアで味わうことができるトムヤムクン味のスープがあるのも面白いことだと思います。

そして、マレーシアらしさを出しているとはいえ、おでんがローカルに受け入れられているので、なんとなく嬉しく感じます。マレーシアに来たときに一度ぜひ試してみて、食べ比べをしてみてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です