物事の判断基準は「カッコイイかワルイ」で全て意思決定できる。


スポンサーリンク

りゅう
どうも、りゅうです。

「君、カッコイイね」

男はね、気になるあの子からの
この一言もらうが為に人生を捧げてるんだよ。

あなたに振り向いて欲しくて、
どうでもいいことを大袈裟に言ったり、
小さいことを大きく見せようとしたり、
必死ですごい自分を強調しようとしたりする。
(女の子はそんなこと求めてないのにね笑)

じゃあなんでかって?

あなたに「カッコイイ」って言ってもらいたい。

男たるもの、かっこわるい死に方は嫌だし、
カッコ良く「今」を生きていたいものです。
イエスかノーかなら、
絶対カッコイイ方が良いに決まってる。

ではだ、「カッコイイ」とはなんぞや?
何がカッコ良くて、
どんな人がカッコ良くて、
どんなことしたらカッコ良いのか?

漢字で書くと”格好良い”らしく
”三省堂 大辞林”さんによると、

1.姿、形がよい。いかにも洗練されている様。
2.人の行動について、いかにも潔い様。

引用先:http://www.weblio.jp/content/%E6%A0%BC%E5%A5%BD%E8%89%AF%E3%81%84

 

ふむふむ、大体予想は出来てたけど、
まず1.に関して読み解いてみる。

解決策を挙げるとするならば、

  1. 痩せる
  2. 体を鍛える
  3. オシャレする

とか、

強行手段として、整形。笑

はい、外見を変えることはなかなか難しい。
ということで2を深く追求してみることにした。

「彼、なんかカッコイイよね」
「本当、男らしくてカッコイイよね」

ああ、言われたい、言われたい。

“なんか”や”男らしい”の定義は人それぞれだと思うが、きっと

「カッコイイとは、こういうことさ」

日本人特有の曖昧な言い回しは無しで、
本質的にイエスかノーか、
その行動が「カッコイイかワルイ」これに尽きる。

ってことで、例を挙げていくよ。


  1. 約束を破る→超カッコ悪い。
  2. 時間に遅れる→カッコ悪い。
  3. ご飯残す→カッコ悪いっす。
  4. 挨拶出来ない→人としてカッコ悪い。
  5. 言い訳する→普通にカッコ悪い。
  6. 敬えない→カッコ悪い。
  7. 礼儀知らず→カッコ悪いよ。
  8. 行動しない→口だけカッコ悪し。
  9. 悪い事する→ダメ。カッコ悪い。
  10. 友達を傷つける→何様?カッコ悪い。
  11. 悪口陰口→超カッコ悪い。
  12. ポイ捨て→カッコ悪い。
  13. サボるだらける→カッコ悪いよー。
  14. 勉強しない→勉強する人の方がカッコイイ。
  15. 発言しない→カッコ悪い。
  16. 想いやれない→カッコ悪し。
  17. ビビる怯む→男としてカッコ悪い。
  18. すぐ諦める→カッコ悪いぜ。
  19. ネガティブ→カッコ悪い。

ずらーって書いてみたけどこんな感じ。
ある物事があって、
それをシンプルに、
「これはカッコ良いかな悪いかな?」
って考えてみる。

そしたら答えは単純。
友達を傷つけるのはカッコ悪いし、
約束を破るのも超カッコ悪い。
逆に相手のこと想いやれて、
約束も守れたら超カッコイイ。

善と悪を見極める時も、

りゅう
「ああこれやったら俺カッコ悪いわー」
ってなるもん。

みんなを笑顔に出来たらカッコイイし、
社会貢献や人の役に立てても超カッコイイ。
逆にズルしたり騙したりだとかは
普通にカッコ悪い。

という訳で、

「カッコイイかワルイか」

ついポイ捨てが止めれないのであれば、

ちょっとこの言葉思い出してくださいね。

きっと、気になるあの子は

そういうところを見てるんですよね。

 

スポンサーリンク

>>この記事を今すぐ友達にシェア<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です