【究極の選択】1人を救うか、5人を救うか、あなたはどちらを選びますか?


スポンサーリンク

倫理的思考力を鍛える。

リュウ
どうも、リュウです。

今回はとある問題について、みなさんにお聞きしたいと思います。

僕は今こんな本を読んでまして、

論理的思考力を鍛える33の思考実験

 

この本の中には脳を揺さぶるようなたくさんの思考実験が出てきます。

その中でも冒頭に出てくる有名な問題があるんですが、今日はその一節をご紹介したいと思います。

既に知っている方もいるかもしれませんが、トロッコ問題というのはみなさんお聞きしたことありますか?

今から簡単に紹介しますので、良かったら一緒に考えてみてください。

それでは

線路の切り替えスイッチのそばにいるあなたは、とんでもない光景を目にしています。

あなたの右方向から石をたくさん積んだトロッコが猛スピードで暴走しています。とうてい今から止めることはできません。ただ、線路の切り替えを行えば進路方向を変えることができます。

線路の先には5人の作業員がいます。5人ともトロッコには全く気づいておらず、おそらく避けることはできないでしょう。このままではトロッコが突っ込み、5人は死んでしまいます。

あなたは切り替えスイッチに気づき、これを切り替えて5人を助けようと思い立ちます。しかし何ということでしょう。あなたは一瞬、切り替える先の線路の方に目をやり、様子を確認しました。すると、視線の先には1人の作業員がいるではありませんか。スイッチを切り替えれば、この1人の作業員が死んでしまいます。

あなたはこの6人とは面識はなく、6人とも何の罪もない人です。ただ、悲惨な現場に居合わせてしまっただけです。

ここではスイッチを切り替えること以外あなたにできることはなく、作業員は皆トロッコの暴走に気づいていない状態とします。

あなたはスイッチを切り替えますか?

それともそのままにしますか?

という問題です。

このトロッコ問題は、イギリスの倫理学者フィリッパ・フットが1967年に提示し、今日まで議論が繰り返されてきている非常に有名な思考実験で、みなさんはどう考えましたでしょうか?答えは出ましたか?

どっちが正しいや、どっちが間違いなどもなく、人によって意見も変わってくると思います。

5人を助けるために1人を犠牲にするのか、1人を助けるために5人を犠牲にするのか、とても悩む問題だと思います。

みなさんはどちらを選択しますか?

ここで、僕だったらという意見を述べます!!!

リュウ
結論から言いますと、僕はスイッチを切り替えない派です。
理由は大きく2つありますが、

①スイッチを切り替えることにより、自分が1人を殺したような感覚になる(少なからず罪悪感が生まれる)

②5人はもともとそういう運命にあったと仮定する(トロッコは5人に向かっているのだから)

この2つから僕は、スイッチを切り替えない。

どちらが正解とかはありませんが、ちなみにこちらの意見は少数派とのことです。

つまりは、大多数の人が、スイッチを切り替え、1人を犠牲にし5人を救うという選択をとるみたいです。

これは単純に、1人よりも5人を助けるという数としての思考が働くようです。

正解はない

どうでしょうか?こうやって考えてみると面白いですよね。普段あまり考える機会がない方にとっては、脳を鍛えれるオススメの本だと思います。

他にも似たような色々な思考実験が33個も紹介されていますので、気になった方は是非読んでみてください。

DJ社長がYouTubeでもいってましたが、「考え方も分からんやったら考え方を調べるんや」というセリフがありましたが、こんな風に本を使って脳に考える機会を与えることも大切じゃないのかなと思います。

スポンサーリンク

>>この記事を今すぐ友達にシェア<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です