「沈黙のWebライティング」はSEOのための最強のバイブル書だ。


スポンサーリンク

友人から一通のLINEが届きました。

友人A
リュウさん!面白い本がありましたよ!
リュウ
お!なんていう本!?
友人A
「沈黙のWebライティング」っていうSEOのためのライティング教本です!とてもわかりやすく文章の書き方などが記してありますよ!
リュウ
まじで!?速攻で買うよ!ありがとうな〜!
友人A
いえいえ!読んだら感想教えてくださいね!

ということで、amazonでポチッと!

値段は2000円以上もしますが、レビューを見る感じ高評価が多くとても期待できそうです!

ということで、紹介して行きますよ〜!

なんという分厚さだ!

みてくださいこれ。

普通の本の2冊分はありますね、、

本が苦手な方はこの初見のインパクトでやられてしまうでしょうね。笑

なんと632ページもあります!

はぁ〜〜まじか〜〜〜(友人よこれを先に教えててくれ笑)

しかし2000円も使ったわけなんで食わず嫌いはいけませんね!

とりあえず最初の数ページでも読んで見るか、、、

、、、

なんという読みやすさだ!

これ、もはや漫画並の読みやすさですよ!ってかもう漫画ですよ!

Webに関する本ということで難しい言葉が次々に出てきて読むの大変なんだろうな〜と思ってた矢先、絶大なインパクトでした!

ズラズラと説明文が続くのではなく、本の中にキャラクターや絵を登場させて、ストーリーとして話が進んでいき、もう漫画を読んでいる気分です。

それなのにめちゃくちゃわかりやすい!すんげえ本ですよ!

本の内容を簡単に説明すると、

リュウ
舞台は栃木県にあるとある廃れかけた温泉旅館。そこの温泉旅館は、両親に早くして先絶たれた若い二人の姉弟が経営しています。

そこにある日、「ボーン」と名乗るとある客がやってきまして、そのお客がなんとかなり有名なWebマーケッターだったんです。

二人の姉弟は両親から引き継いだ温泉旅館を復興させるために、ボーンにWebに関する教えを伝授されて行きます。

超ざっくりですが、自社のHPの改善からオウンドメディアの運営など、Webに関する様々な知識をボーンから授かります。

その成果もあり、HPの検索順位も上がり続々と予約が入るようになります。


本の概要はこの辺にして、最初に心配した分厚さはなんの心配もありません!あっという間に読めるんじゃないんでしょうか。

そしておすすめポイント3つめ!

なんという分かりやすさだ!

ストーリー性ということもあって、登場するキャラクターがわかりやすくキーワードを解説してくれます。

難しい言葉たちもスラスラと理解できるレベルで砕いて表現してあります。

例えばですけど、僕らが運営するこの「Laugfull.com

純粋にこのページの検索順位を上げるためにはどうすべきか?みたいなことがたくさん書いてあります。

「SEO」を意識することも大切ですが、「そもそもSEOについてきちんと理解できているのか?」ということなんですよ。

口では「SEO、SEO、、」と言いますが、じゃあSEOも聞いたことない方に分かりやすく説明してくれよって言われたらどうですか?みなさんできますか?

文中に分かりやすく紹介してありましたので、引用させて頂きたいと思います。(この記事で本の引用部分はここだけなのでみんなしっかり読んでね♪)


  • SEOとは「Search Engine Optimization」の略
  • 「Search Engine Optimization」とは日本語に直すと「検索エンジン最適化」
  • 検索エンジン最適化とは、検索エンジンにとって最適な状態なサイトを作ること
  • 日本における検索エンジンとは、ほぼGoogleのことだと言って良い
  • だから、検索エンジンにとって最適な状態というのは、Googleに評価されやすいサイトを作ること
  • サイトとは、WebページやWebコンテンツの集合体
  • Googleに評価されやすいサイトとは、すなわち、Googleに評価されやすいWebページやWebコンテンツの集合体のこと
  • そもそも、Googleはどのようにサイトを評価するのか?
  • →Googleは自社のビジネスのために、Googleを使うユーザーの満足度をとにかく高めるべく、検索の精度をあげ続けた。そして、その結果、圧倒的なシェアを獲得し、Googleがなくなっては困る世の中を作りあげた
  • Googleを使うユーザーの満足度って何?
  • そもそも、Googleを使うユーザーって何のために使っているの?
  • →Googleを使うユーザーは、自分の質問や悩みを迅速に解決したいがために、Googleを使う
  • それってそもそもGoogleよりも迅速に自分の質問や悩みを解決してくれるサービスがあれば、Googleはいらないよね?
  • →確かにそんなサービスがあればGoogleはいらなくなるかもしれないけど、現実的にそんなサービスは生まれそうにもない。もし、そんなサービスが生まれるのなら、Googleから生まれそう

まとめ

どうでしょうか?上の説明、めちゃくちゃ分かりやすくないですか?

  • 難しい言葉を使わない
  • 専門用語も分かりやすく
  • なのに倫理的
  • 噛み砕くために因数分解されている
  • 「なぜ」「なぜ」の問いかけによる鋭い気づきの発見

などなど上を例にとるだけでも色んな学びを得れます。

そしてこの分厚さですよ?笑

知識として丸ごと頭に放り込んでみてください。最強の武器になること間違いありません!

「検索結果をあげたい」

「ライティングスキルをあげたい」

そんなみなさんの疑問に対する答えが詰まっていますよ!

僕もあと2回は読み直したいと思います。笑

気になった方は、ぜひ!こちらから!どうぞ!

合わせてこちらもどうぞ!「沈黙のWebマーケティング −Webマーケッター ボーンの逆襲− ディレクターズ・エディション

スポンサーリンク

>>この記事を今すぐ友達にシェア<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です