日本円から台湾ドルに両替するときの4つの注意点


スポンサーリンク

3泊4日で台湾の台北に行ってきました!

そこで早速ですが、旅中に感じた気づきや学びをシェアしたいと思います。

お金、物価、気候、治安など気になるところはたくさんあると思いますが、

今回はお金、両替のことについて紹介しようと思います。

両替は現地の空港でしよう

初めて台湾に行かれる方で、両替をどこですべきか心配されてる方も多いと思います。

日本の銀行で両替して行った方がいいのか、それとも現地でするのか悩むところですが、

両替は現地に着いてから空港で替えるのがオススメです。

今回僕は台湾桃園空港の方を利用したんですが、両替所、たくさんあります!


兆豐国際商業銀行


台湾銀行

写真は台湾国際空港HPより引用

しかも上記2つは24時間OPENしているみたいです。

その日のレートを見ながらお得な方で両替しましょう。

ちなみに手数料として300元=1100円くらいかかりました。

街の両替所が見当たらない

旅慣れた人であれば空港ではなく、街中にある両替所の方がレートが良いイメージを持たれてる方もいるかもしれませんが、街中には全然見当たりませんでした。

僕は正直、空港はレートが高いだろうと思い必要最低限しか両替せず街の両替所でしようと思ってました。ところがですよ!歩いても歩いても見当たらないんです!

これにはびっくり、韓国や東南アジアでは街中によくあるので、台湾もそうだろう勝手に思っていました。

次からは空港で全て両替しようと思います。

両替した分がなくなってしまったら

とは言いつつも、勢いに乗ってあれもこれもで買い物をしていたら、手持ちの両替分がなくなってしまうときもあると思います。

そんな時の方法ですが、銀行で両替することができます。

入り口に「MONEY EXCHANGE」と書いてあればほぼできる思います。

何も書いてない場合は職員の方に聞いて確認してみましょうね。

ちなみに僕は「第一銀行」という銀行で(緑色の看板)、9000円分実際に両替できました!

手数料は空港より100元安い200元=750円でした。

レートはそこまで変わらなかったかな。

リュウ

Can I exchange money here?

少額紙幣で両替してもらう

こちらは上級編ですが、余裕があれば両替する際にスタッフさんに「少額紙幣を多めにお願いできますか?」と聞いてみましょう!

ちなみに台湾の紙幣は、100元、200元、500元、1000元、2000元となっています。何も言わなければ大体大きい紙幣の方から渡されると思います。

ここで困るのはタクシーや小さな屋台でお会計する際に、もしかしたらお釣りがないと言われる可能性があることです。

さらにはぼったくられる可能性も否めません。小さな金額で出しておけばその不安も防げます!

初めてであれば聞きにくかったりもするので、スーパーや大きめのレストランであえて高額の紙幣を出して少額の紙幣を貰うのも1つの作戦だと思います。

リュウ

Can I have some small change?

まとめ

いかがでしょうか?

①両替は現地空港で行う

②なくなったら街中にある銀行で両替する

これを最初から頭に入れておけば両替に困ることもないと思います。

シンプルですが知っておくだけで不安の解消になりますね!

P.S.空港に着いてからの台北駅までのアクセス方法現地でのSIM情報も紹介しています!合わせてどうぞ!

スポンサーリンク

>>この記事を今すぐ友達にシェア<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です