リアルダーツの旅?〜初めまして海外、初めまして香港〜1


スポンサーリンク

トシ
どうもトシこと俺氏です。

前回前々回と観光スポットをご紹介してきましたが、今回からは、

俺氏の初海外のリアルな様子を何個かの記事を分けてお届けします。

では、リアルダーツの旅、始まり始まり〜〜🎵

出国〜福岡国際空港〜

ここには幾度も来たことあったし、幾度もみんなを見送ってきた。

そんな俺氏が見送られる側になるとは、想像してなかった。笑

とりあえず、ドキドキしながら、チェックインカウンターへ。

この時は、まだ日本だし、みんなが居たから余裕があったなと。

初めての国際線出発ゲート内へ

ゲート内に入って思わず『豪華やんけ!!』と叫んでしまった。笑

国内線では見たことない感じだった。

では、いよいよ

出〜〜〜〜発〜〜〜〜〜

 

ありがとう日本、さよなら日本。笑

到着〜香港国際空港〜

初めまして香港。初めまして海外。

12:55分発〜15:50着の予定だったが、着いたの17:00まさかの1時間遅れという。

国内だと全然経験したことのない飛行機の遅れ。海外あるあるなのか?飛行機あるあるなのか?笑

とりあえず無事、着いたのはいいが、ここからが問題だ。

一番調べた?勉強した?入国審査!!笑

税関を無事通過できるのか?が一番の不安だった。

入国カードを書き(20分程戦った)、税関ゲートへ並ぶ。

前の人達の背中見て学ぼうと見るが皆スゥ〜〜〜〜〜〜ト、クリアしていく。

駄目だ。やばい。脇汗がスゥ〜〜〜〜〜〜ト流れ始める。

3〜4組み前に近づいて来た。耳をめちゃくちゃ立てるが何も聞こえない。

終わった。脇汗が半端ねぇくらい溢れ始める。

ついに、俺の番。とりあえず挙動不審せず、自信に満ち溢れた顔をして、パスポートと入国カードを渡す。

顔をジーーーと見られ、、、、

、、、、、、、、、、(何を聞かれるんだ?汗)

 

 

、、、、、、、、、、(かかってこい。汗)

 

 

、、、、、、、、、、(脇汗ナイアガラの滝)

 

『OK』と言われ、パスポートを返された。

一番の難関と思われた税関クリア〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!

ブヒッ!!

移動

税関クリアに喜ぶのもつかの間。

次の難関『移動』だ。

この日は予約している尖沙咀のゲストハウスまで行かなければならないのだ。

どうやって行くだ?笑

そもそも、外の出口はどこやねん!!!

香港国際空港広すぎてわっかんねぇ!!!

とりあえず、空港の中を歩きに歩き、

みつけた〜〜〜〜〜電車!!!!!

ふむふむ、なるほど。九龍まで行き、そこからバスで行った方が早いな!1

ではいざ、海外発電車にイ〜〜〜〜〜ン!

九龍到着

よし、後はバスで尖沙咀まで行くだけだ!!

バスマークの看板を見つけ出し、バス停に来た。

おぉ〜〜〜なんかいい感じのバスではないか!!!!

雰囲気ありありですやん!!

そして速攻『尖沙咀』の看板を発見!!!!

もうここまできたら余裕ですやん。

後は乗って、『尖沙咀』に降りるだけだ。

きたな俺。きたぞ俺。いいぞ俺。順調だ俺。

バスがきて、前の人達が乗り込み始める。

ピッ!

、、、、、、、、、、、、、、

ピッ!

、、、、、、、、、、、、、、

ピッ!

、、、、、、、、、、、、、、

なんじゃそりゃ〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!

スイカ的なカードで先にピッ!と、して皆乗り込んで行く。

まぁ持っていなくても、いくらか小銭いれたら乗れるだろうと思い、最後に俺氏が乗り込む!

機械にまず10$入れる。ドアが閉まる気配がない。足りないのかと思い、追加で20$入れて、

運転手を見る。運転手も俺を見る。動く気配がない。

そして、俺氏が『尖沙咀』『重慶大厦』という。

運転手が『:@w@2dmklvkv;nafnvfeo6043gtb/./zz.v_v.:;bl@lvwvgor-0gru90ggu2gugjvurgtvanjvngsbngb:rjiobjbjjtjgavs:lfo1o0-41t^49t08gubgugtut8bna;nvgfbn』

ばぁ〜〜〜と中国語?でなんか言ってきている。彼は俺になにかを伝えているのはわかるが、

申し訳ないが、全くわからない。

彼はマシンガンの様にさらに何か言っている。

、、、、、、、、、、、、、

 

、、、、、、、、、、、、ポキッ

 

、、、、、、、、、、、

俺氏の身体から聞こえた。そう。心が折れてしまった。

バスを降りて、機械に入れた30$を見送った。

勉強不足だったと反省し、もう駄目だと思い、

速攻タクシーに逃げ込み本日の宿のゲストハウスへと向かったのであった。

俺氏
次回へ続く

完。

スポンサーリンク

>>この記事を今すぐ友達にシェア<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です