Airbnb民泊はこんな時に便利?便利な利用方法を徹底解説!


スポンサーリンク

maco
こんにちはmacoです。

Airbnbっていうシステムをご存じですか?いわゆる民泊のことです。世界では旅行先でホテルに泊まらずに民泊をすることを選ぶ人が少なくありません。実は私たち夫婦もそうです。ホテルではなく民泊かゲストハウスが主流です。その際は、Airbnbのサイトを利用します。

そもそも、Airbnbってどんな風に利用したらいいのかイメージしにくい人も多いのではないでしょうか?Airbnbは利用方法がいくつかあり、アイデア次第でいろいろな用途に使うことができます。今日はそんな利用方法を徹底解説します。

ちなみに前回の記事でもAirbnbについて説明していますので、合わせてどうぞ!
Airbnbって何?!ホテルとどう違うの?知って得するシステムを解説!

Airbnbはこんな時に利用すると便利!

家族連れで旅行する時

家族連れで旅行する時、ホテルや旅館に泊まると不自由に感じることってないですか?家族全員が一緒に泊まれる大部屋が見つけにくかったり家族で2部屋に分かれたりってありますよね。

Airbnbだと、マンション一室、アパート一室、あるいは一軒家といった具合に物件を丸々借り切っちゃうことが可能です。家族全員が同じ空間に宿泊でき、リビングやダイニングがあることも多く、家族が集まりやすい場所もあります。

小さな子供さんがいる家族の場合、ミルクの用意や子供のはしゃぐ音など、周りに気を遣う事も多いですが、ホテルに比べて民泊の方がより家に近い環境なので、過ごしやすいのです。

気分転換にいい部屋に泊まりたい時

Airbnbの物件には、「東京スカイツリーを窓から見ることができるマンション」や「外国のリゾートにきた気分を味わえるコテージ」などいろいろな物件があります。

「東京スカイツリーが部屋から見えるホテルに泊まりたいけど、値段が高くて泊まれない」というときに、Airbnbだと比較的リーズナブルな値段で泊まれることも

部屋のインテリアはオーナーのセンスによって決まりますが、スタイリッシュな部屋や、おしゃれなインテリアの部屋がたくさん!

「ちょっと気分転換したいでもホテルに泊まったり、旅行に行ったりするのは無理」という時の利用におすすめします。例えば結婚記念日に、夫婦でディナーを楽しんだ後、Airbnbでおしゃれな部屋に泊まるのも良い方法です。雰囲気が違うだけでも。特別感が出ますよね。

長期出張での利用の時

長期出張の時大抵の人は、ビジネスホテルに泊まります。朝食付きのビジネスホテルだと朝ごはんも食べられますし、お風呂にも入れるのである程度の生活には不自由しないかもしれません。

ただ、ホテルは独特な環境なのでリラックスしにくく、疲れがなかなか取れない人もいるのでは?

そんな人におすすめなのAirbnbを利用し民泊に泊まることです。より家に近い環境で、リラックスしやすく、家に帰ったらホッとすると感じる人が多いようです。

滞在が長くなると、毎日外食やコンビニの弁当だとなんだか味気ないということも。そんな時に、キッチンがついていると簡単なご飯が作れます。今日は家で簡単に食事を済ませたいと言う時に「ご飯とみそ汁、納豆」を食べるだけでもホッとします。

洗濯機がついている事も多く、自分のペースで洗濯もできます。短期はともかく、長期出張の時にAirbnbを利用して民泊に宿泊するならより家に近い環境で生活ができます。

みんなでパーティーを開きたい時

ママ友や、会社の同僚、気の合う仲間たちとの食事会をする場としてAirbnbを借りる方法もあります。レストランは高く、周りを気にして大きな声で話せないですよね。ママ友同士の食事会で誰かの家を使うことでママ友同士のトラブルの原因になる事だってあります。

そんな時、民泊を借りて、パーティーを開くことが可能です。簡単なものを持ち寄る食事会もいいですし、キッチンがついているので鍋など簡単な料理をその場で作る事も可能です。

みんなで気兼ねなく楽しめるのが嬉しいポイントです。

パーティーが禁止されている民泊もありますので、借りるときは条件をよく確認し、騒ぎすぎて近所迷惑にならないよう配慮しましょう。

個人的に感じるメリット

私は海外旅行の際、Airbnbを利用して民泊に泊まることが多いですが、私が個人的に「Airbnbを利用してよかった」と感じるメリットを簡単に紹介します。

リラックスしてアットホームな気分になれる

ホテルだと特別な気分になれるのですが、とてもかしこまっているので2,3日もすれば疲れてきます。もともと料理したりと、自由に生活することが好きなので民泊に泊まった方がアットホームな気分になれます。

より自分らしく、リラックスして宿泊ができるので、疲れにくくて楽です。旅行や仕事で長期滞在をする時って楽しいけど、いつもと違う環境で慣れない事もあります。民泊を利用して、自分らしいと感じられる環境に泊まることは、私にとって大切な事だと感じています。

健康管理がしやすい

宿泊先での外食って、とても楽しいけれど、ずっと続くと疲れてきます。民泊に泊まることで、自分で料理したりと自己管理がしやすいと感じています。

キッチンがありますので、朝ごはんだけでも、自分が食べたいものを作れます。果物を切ったり向いたりと言う簡単な作業も可能です。使うか使わないかはさておき、簡単な料理ができるキッチンがあるだけで気持ちが変わるから不思議です。

費用を抑えることができる

ホテルに比べ、民泊の方が旅費を抑えることができます。大勢でマンションの一室を借りる場合、一件あたりをみんなで割ると比較的リーズナブルな金額です。

私たち夫婦も2、3組でマンションの一室を借りて滞在することが多いですが、みんなでスーパーに行き朝ごはんになりそうなもの、おつまみ、お酒などを買い込みます、そしてみんなで割るのですが、ホテルで泊まるより断然安いです。

みんなと泊まると楽しい

家族旅行や、グループ旅行で民泊を利用するなら、みんなで和気あいあいと、楽しい時間を過ごせます。ベッドや寝室があるので、疲れた人は休めますし、他の人はリビングなどで時間を過ごせます。

みんなで鍋を作って食べたり、お酒を飲んだりするのも楽しいです。運転の心配がないので誰がお酒を我慢するなど、考えなくていいのも嬉しいです。そのまま寝るのも可能です。

ホテル宿泊の場合、それぞれホテルの部屋に帰って休みますが、民泊だとみんなと時間を過ごせるのが最大のポイントだと思っています。

民泊を工夫して利用しよう!

世界ではAirbnbを利用して民泊するのは珍しいことではありませんが、日本ではまだ浸透していないので、工夫次第で本当に便利に利用できます。

ここに紹介した方法以外にも、新しい使い方の発見があるかもしれません。アイデア次第でいろいろな可能性がありますので、まずは利用してみるのはいかがですか?

スポンサーリンク

>>この記事を今すぐ友達にシェア<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です