洗濯物の干し方が面白い?大都会シンガポールで特にシンガポールらしいな〜と感じる風景をご紹介!


スポンサーリンク

maco
こんにちはmacoです。

唐突ですがシンガポールと言ったらどのようなイメージを持ってますか?「とても清潔な国」「都会」などのイメージを持っておられる方も多いのではないでしょうか?

私もその一人です。マレーシアに住んでいる私としては、シンガポールとマレーシアは隣国同士でありながら全く違う場所です。

セントーサ島など観光地中心地に行くのもいいですが、私はただ普通にマンションが並んでいるような道を散歩するのも好きです。シンガポールらしさを発見することができて楽しいからです。

今回は、私が私がシンガポールで散歩しながら毎回感じる「シンガポールらしいな~」と思う景色をご紹介します。

整えられた交通機関

シンガポールは国が小さく、比較的整備しやすいこともあり、隅から隅まで公共機関の設備が整っています。バスやMRT(電車のようなシステム)モノレールなどの交通機関があり、1時間に何本も走っています。

それで車がなくても移動しやすいという利点があります。実際にシンガポール人の中には車を持たずに生活をしているという人もいます。

またこのような交通機関はEZカードという1つのカード(あらかじめ入金チャージをして使用することができるシンガポール版suicaのようなもの)で支払いをすることができるので、とても便利です。

清潔感が漂う道

シンガポールは異様さを感じるほどにゴミが全く落ちていない国です。並木道に植えられている木の枯葉でさえ綺麗に掃除され、歩道に植えられた芝生も綺麗に刈り込まれています。

世界的に見て日本は清潔で綺麗な国だと言われていますし私自身もそう思います。ただシンガポールの子の綺麗さは「潔癖」といっていいほどなので、日本の雰囲気とは全く違って感じます。

シンガポール人はゴミを絶対に外に捨てませんし、自然に落ちてしまった枯葉も日頃から政府から雇われた人によって綺麗に清掃されています。「まさにゴミ1つ落ちていない」様子を見ると、シンガポールらしいなと感じます。

道路標識

シンガポールには日本では見かけることのない道路標識を見かけることがあります。例えばこれ!道路の白線がいきなりギザギザに表示されています。

これは、「スピードを落とせ!」という意味なのだそう。特にカーブに差し掛かっている場所でこの「ギザギザの白線」を見かけます。

ギザギザ白線がシンガポールの風景ととてもマッチしていておしゃれに感じるので個人的に気に入っています。

洗濯物の干し方!

私がシンガポールに来て一番びっくりしたこと、そして一番シンガポールらしいと感じることは、洗濯物干し方です。

シンガポールの集合住宅地にいくとこのような光景を目にします。窓から洗濯物が突き出しているんです。

全体的に見るとこうなります。いたるところに洗濯物が並んだ物干し竿が突き出ているのでまるで旗のようです。風が吹くと洗濯物が風になびいてゆらゆらと揺れるので、本当に旗が風になびいているように見えます。

はじめこの光景を見た時にはとても驚き、カルチャーショックを受けました。シンガポールは発展した国なのに洗濯物の干し方は原始的な感じがしたからです。

そして水を吸って重くなった洗濯物がたくさん干している物干し竿をどうやって窓から差し込むのだろうと不思議に思いました。

意外と難しいシンガポールの洗濯物干し

シンガポールの友人が洗濯物を干すのを興味津々でじっと見ていると、コツを心得ていることがわかってきました。

まず、洗濯物の干す位置にも決まりがあります。物干し竿の先端には重いものを干さず比較的軽いものを干すこと、洗濯物を干しすぎないようにすることです。

そして干し方。窓の外には、物干し竿が刺すための穴がありますので、そこに一気に差し込みます。この時前かがみになりすぎると、洗濯物もろとも落下してしまうので、注意が必要です。

私にとってこの「シンガポールの洗濯物干し」はある意味命がけです。まだコツを心得ていないので、物干し竿を窓の外に出しただけで手に物干し竿の重さをずしと感じ、思うように穴に差し込むことができないのです。つい前かがみになって頭を窓の外に出したくなってしまいそうになります。

そんな私を見て、友達が助っ人にやってきてくれます。彼女は軽々と物干し竿を持ち上げ、グイっと差し込んでしまうので毎回本当にすごいと思います。

シンガポールらしさ…。

マレーシアに住んでいると、隣国でありにたような文化を持ちながら、全く違う環境であるシンガポールのことを興味深く感じます。

ゴミひとつなく、交通機関もバッチリ…整然と整っているのがシンガポールなら、なんでもありでゆっくりしている(無秩序とも言える…)のがマレーシアです。

ずるい言い方ですが、私はどちらも好きです。シンガポールは整然としていて清潔ですし、いろいろなことがスムーズにいきます。でも整頓されすぎて融通が利かないこともあります。

反対にゴミがあちこちに落ちていて、いろいろな物が壊れていて、ほとんどのことがスムーズにいないのがマレーシアです。でもその分いろいろなことに寛大で融通か利きやすいのも事実です。

どちらの国にも良いところ悪いところはありますがそれぞれ興味深く面白いと思います。

スポンサーリンク

>>この記事を今すぐ友達にシェア<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です