リアルダーツの旅?〜女禁!香港都市伝説〜


スポンサーリンク

トシ
どうも俺氏です。男性諸君のみなさまが熱くなる記事かと思います。

香港最後の夜、ゲストハウスのベッドの上で何かないだろうか?

と携帯をいじいじしながら考える。

、、、、、、、、ん?待てよ!

これは、、、、、、

香港141

こちらの名前はご存知でしょうか?

「香港141」というのは、合法風俗。別名「ピンポンマンション」

日本でいう風俗。

マンションに入り、ピンポン押して、女の子とチョメチョメする事。

香港にはピンポンマンションが沢山あるようだ。

そして、この記事が沢山上がっている。

しかも安いではないか!!!笑

なんだこれは!!と香港旅で一番のテンションだ。

都市伝説魂が湧き上がる。

本当にあるのか?と思いながら、ピンポンマンションを調べる。

いくつかマンションが出てきた。

この目で都市伝説か検証しよう、と夜の街へ飛び出した。

香檳大廈B座

九龍島側の尖沙咀駅から徒歩5分〜10分にある。

重慶大厦からも近くて、有名な風俗マンション。

ちょっくら見てきた。

中々雰囲気のある建物。

1階には危なそうおばさん、おじさんがウロウロしてる。

とりあえず、ビビりながら、入り口?エレベーター?を探すが、見当たらない。

間違ったのか?と思いもう一度、記事をよく読んでみる。

すると、ここはもう営業自体してないみたいだ。

無念。笑

富士大厦

銅鑼湾から徒歩10分の所にある。

ここは、沢山の記事がある中でも、一番クオリティがいいと評判のマンション。

記事を読みながら、ワクワクウキウキ。

、、、、、なんてしてませんよ。

しかし、現在時刻AM1:00。

さすがに閉まっているか。と営業時間を調べるが正確な時間が書いてない。

どうする俺?

愚問行くでしょ俺!笑

マップをスクショして、レディゴーーー!!!!

夜中の香港。悪そうな人達が出てきそうな雰囲気やし、

ポリスめちゃめちゃ歩き周ってるしで怖いわ。

ゲストハウスを出発して10分。

見事に着いた。

なんと堂々としたマンションでしょう。

部屋のピンクが漏れておる。

入り口の横には、終わった?人達がたむろっていた。

どうやらまだ開いているようだ。

階段は大理石で高級感がある。

動画を回していたが、入り口で撮影禁止の張り紙と、監視カメラが。

とりあえず、止めて中へ!

いざエレベーターに乗り最上階22階へ。

降りると、ワンフロア5〜6部屋あり、部屋のドアには「WELCOME」と、「PLEASE WAIT」という札が掲げられている。PLEASE WAITは、現在取り込み中といこと。

閉まっている部屋もあった。

一緒にエレベーターに乗っていた方を見ながら勉強。

ピンポン→女出てくる→選ぶ(YESかNO、How much?値段聞く

こちらを繰り返していくだけのようだ。自分のタイプと出会うまで、22階から下まで階段を降りていく。

金額は450$〜600$(6000円〜10000円)

確かに可愛い子達が多い方と思う。日本のお店よりも。

日本で高い金払って外れ引くよりも、安くて可愛い子選べるって

男達からしたら、最高のマンションだろう。

上の階で部屋から出てきた人に、下の階でまたあったりと、2ラウンド目のプロがいたくらいだ。笑

(君は部屋に入ったのかい?)

って!?

そちらはご想像にお任せします!

香港には確かに男達の楽園は存在した。

俺氏
信じるか信じないかはあなた次第です
スポンサーリンク

>>この記事を今すぐ友達にシェア<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です