初海外21歳!南アフリカ留学への挑戦!!!


スポンサーリンク

KC
こんにちは!どーもKCです!
今回は、僕が21歳の頃に経験した南アフリカケープタウンへの留学のことを記していきます。

皆さんは南アフリカ留学に行ったことのある人に出会ったことがありますか?

僕は、僕以外に出会ったことがないです笑

南アフリカといえば、喜望峰が有名ですね!
太平洋と大西洋の境に位置している喜望峰。世界中の海を見渡せるそんなロマンティックな場所です!到達した時の旅感半端ないです!

また南アフリカといえば、地中海気候に似たことから、ヨーロッパの人に人気なリゾート地として知られており、かなり綺麗です。

なぜ南アフリカか?

僕が南アフリカに行こうと思ったのは大学時代に南アフリカの歴史を学び、とてもその国のことが知りたくなったからです。

中学生の頃から、外国人に話しかけたりしていて、それなりに話せるだろうと息込んで、旅立ちました。しかし、現実は厳しかったです。

正直に全く喋れませんでした。もはや、日本語がこの世から消えてしまったと錯覚してしまうほどに、孤独でした。毎日、ホームステイの家に帰ってきてベッドで泣いていました。


そこで、僕はめちゃくちゃ頑張りました。当時は、スマホなどまだなかったので、常に電子辞書を持ち歩き、ひたすらみんなと仲良くなろうと英語を話すようにしました。とは言っても、文法めちゃくちゃですけど 笑

2週間だけの留学でしたが、帰国する頃には、1対1での日常英会話はそつなくこなせるようになりました。

なぜたった2週間で喋れるようになったのか?

1.日本語を全く話さなかった。

今では、スマホがあるので、ほとんどありえないことだと思います。当時は、ガラ携しかなかったのでリアルに日本語を使う機会がなかったです。

南アフリカなので、日本人留学生も全くいなかったです。

ちなみに、南アフリカってちょっと危ないんですよね。
留学初日に、先生にダウンタウンは1人で夜に歩くなと言われ、ダウンタウンの警察、タクシーを信用するなと言われました。

じゃぁ、僕は誰を信じればいいんだ!!

KC
そう!!信じれるのは、己のみです!

そういう訳で、僕は生きていくために英語を喋らなけれないけなかったです笑

2.世界各国からの留学生!!

これは、本当に良かったです。
なんでかというと、みんなよく英語のこと知らないんですよね 笑
だから、間違いを気にしなくても良いという風潮がありました。

もう、ジェスチャーと表情と英単語ですよね 笑笑

また、世界中の訛りを勉強できたのも良かったです。
日本人はこの発音が苦手とか、アラビア人はこの発音が苦手とかってのを知れたので良かったです。

3.南アフリカケープタウンという場所!

めっちゃケープタウン好きやねん!

ケープタウンは港町でありながら、街からすぐ言ったとこにテーブルマウンテンという山や植物園、動物園、歴史博物館、ワイナリーなどあります!そして、もちろんダンスクラブもあります!

さらに!なんと僕、可愛くてセクシーなフランス人の女の子からキスされました!!
なぜか分かんないけど、学校ではモテました笑

学校に登校すると、いつも同じソファーにコロンビア人の女の子がいて、足を組みながら僕にこっちにおいでよと誘ってくるんです。

当時の僕は童貞で、英語よく分かっていなかったので、コロンビアのセクシーすぎるボディに魅了されていただけなのかも知れないですが 笑笑

つまり、僕が言いたいのはいろんな楽しみがあれば、それをもっと楽しむために英語を覚えていくんですよね。
きっとこれは一種のマジックだろうなと思っているんですけど、めちゃくちゃ楽しい経験をした時、自分が話した言葉、相手が話した言葉を覚えているんです。

そして、お互いお前の英語訳分かんねぇぞとか言って、成長していくんです!

嘘だと思うけど、本当そんなことがあったんです笑
まじで楽しかった!!

最後に留学を考えている皆様に一言

学校での英語の勉強に集中するのではなく、友達を作って、フットワーク軽くいろんなとこに遊びに行きましょう!
そして、お互い高め合っていきましょう!

ちなみに僕は、学校サボって、歴史記念館とか行ってました笑

KC
chao!
スポンサーリンク

>>この記事を今すぐ友達にシェア<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です