リアルダーツの旅?〜初めまして海外、初めまして香港〜2


スポンサーリンク

トシ
どうも〜俺やで。

前回の続きです。

ゲストハウス編

香港初日はまだ終わらない。

タクシーに乗り込み、涙を堪えながら(笑)『尖沙咀』と連呼。

なんとか宿がある尖沙咀についた。降り立った瞬間

『人やばっおおっ!!』

前々回でも言ったが本当に多い。

ってのは置いといて、早く予約してあるゲストハウスに行ってゆっくりしたい。

Wi-Fiがないので、事前にメモとスクショを見ながら、ゲストハウスを探す。

歩く、

歩く、

キョロキョロ、

歩く、

キョロキョロ、

そして歩く。

1時間半歩いて探したが、全く外観が見当たらない。

とりあえず、セブンに入りWi-Fiを繋ぎ、地図を見る。

ん!!??

これはもしやマンションの中にあるのか?

と思い、半信半疑で重慶大厦の中へ。

エレベーターの前に沢山の観光客が荷物を持って並んでいる。

どうやらここのだ。

『アシュカゲストハウス』

英語での受付も、知っている単語達を並べ、無事チェックイン完了。

ドミトリータイプで、シャワートイレは共有、Wi-Fiありで180$(2700円)

こんなもんかと思い、荷物を置き、シャワールームへ。

お湯がでねぇ〜〜〜

水のみぃ〜〜〜〜〜〜

これが俗に言う海外ゲストハウスあるあるってやつか。

初日は夜の香港を散歩し、香港の飯を食べ初日を終えた。

寝る前に今日を振り返った。

初海外初日なんとか生きれた俺。

空港、移動、宿探し、チェックイン、いろいろあったが、

初海外初日なとか乗り切った俺。

自分に拍手だ、ばかやろう〜〜〜〜笑

ミッション(ゲストハウス見つけ出せ)

2日目

ゲストハウスをチェックアウトをし、尖沙咀の街中を歩き、スターバックスへGO〜〜〜〜〜笑

最高かよスタバ!!

Wi-Fiあるし、ゆっくりできるし、コーヒー上手いし、

、、、、、、、、、

、、、、、、、、、、、

、、、、、、、、、、、

日本でやれよ!!!!(ごもっとも笑)

スタバを後にし、この旅でのミッション1。

『今日の1日の宿を見つける』

宿をまずは確保することが大事だ。しかし、英語が全く話せない。

行けるか?

行けるのか俺?

行くしかないGO〜〜〜〜〜!!

とりあえず、街中のインド系のキャッチ達に『ゲストハウスワンディ』と片言で声をかける。

そしてゲストハウスのキャッチを見つけ、値段を聞き、部屋をチャックさせてもらう。

そんな感じで2人目の所に決定!!

なんだかんだあっさり決まった。

やればできる子だな俺氏。

またもやマンションの中へ。

『名前は。。わからん。』

1人部屋、シャワートイレ付き、Wi-Fiありで200$(3000円)全然良い。

と思ったのもつかの間、夜戻ってきて、シャワーへ。

、、、、、、、、

最初はお湯順調に出ていたが、だんだん冷たくなり、最後は水に。笑

2日連続これかよ。

そしてトイレも、最初は流れていたが、2回目以降茶色い水がちょろっと出るだけで、流れなくなった。笑

あるある起きすぎだろ。

香港最後のゲストハウス

3日目

香港最後の日は香港島銅鑼湾(コーズウェイベイ)ゲストハウスへ。

もう2日も香港のゲストハウスを経験している為、この日は予約してあるゲストハウスまで早くたどり着いた。笑

こちらも案の定マンションの中へ。

2日連続お湯が出ないゲストハウスだったから、あまり期待せず、受付へ。

『トン ルオ ワン ホステル』

ん、、、、、

あれ、、、、、、

なんかシャレてんぞ〜〜〜〜〜!!

いや、騙されるな俺。と言い聞かせて部屋へ。

1人部屋、シャワートイレ付き、Wi-Fiあり、ふかふかベッド270$(4000円)高いが全然良い。

なんせお湯が出るし、トイレはめちゃ綺麗で流れるし。

いい香港ラストナイトが過ごせそうだ。

さぁ、香港ラストナイトの旅に出よう!!!

トシ
次回、『男達の楽園へ』

PS:この3日間の香港のゲストハウスを周って感じた事は、今まで自分が見てきたものと違っていたなと。

外観があって、バーがあって、ゲストと話すスペースがあって、ってのが当たり前だったが、そんな感じのは全くなかったかな。寂しく感じた。

完。

スポンサーリンク

>>この記事を今すぐ友達にシェア<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です