【超神秘的】滝の裏側にまわれるという「福貴野の滝」に行ってきた。


スポンサーリンク

はろーみなさん。

リュウ
どうもリュウです

前回の記事に引き続き!安心院町のディープスポットを紹介します。

まだ読まれてない方はこちらから

安心院町の地元のお祭り「ワイン祭り2017」に参加してきた。

今回も地元案内人まっちゃんに

リュウ
安心院のディープな魅力を教えてくれ〜!!!
まっちゃん
まかせろ〜!!!

ということで

こちらに案内してもらいました!どん!

いざ福貴野の滝へ

どうやら、滝の裏側に回れるという、高さ65Mの大きな滝があるらしい。滝の裏から見ることができるので、別名「裏見の滝」と言われていたり、「龍泉寺の滝」ともいわれているそうです。

6月~7月の朝7:00~8:00頃の天気の良い日のみ滝に虹が架かるそうです!

素晴らしいですね!ということで行って見ました!

どん!

写真は縦で撮らないと入らない大きさでした。

写真の中の僕が小さいのではありません。
滝が大きすぎるんです。笑

ほら、緑に囲まれていて神秘的。

初見のインパクトはすごく、とにかく大きい!滝しぶきが時にほほをつたり、マイナスイオンを全開に感じることができます。

そして、滝の裏へ

写真で見ると分かりにくいかもしれませんが、滝を真正面にみたときに、右側から行くべきなのか?左側から行くべきなのか?迷いました。左側が近そうだが緑の苔がいっぱい。滑って滝壺に落ちる気配まんまんだったので、僕らは右回りで行くことにしました。

夏であれば、一直線に泳いで突っ切れば一番早そうですね。笑

途中、滑りながら汚れながらも、ごつごつした岩場を乗り越え、無事真裏に到着!

滝しぶきが真上から降り注ぎ、目前には水のカーテン。聞こえるのは轟々たる滝の音。

そこはとても神秘的な空間でした。

自然エネルギーに満たされた僕らは、、、

野生に戻ってしまいました。笑

童心の頃のあの日々に、お互い浸り合いました。

心身ともに満たせれまくった僕らは、

滝の裏側を後にし、表側へと戻りました!

今回訪れたのが9月の中旬頃のため、水がとても冷たく泳げなかったのがとても残念で、あと2週間でも早ければ飛び込んでいました。

ああ残念だと思ってた矢先、、、

まっちゃん、、パンイチで飛び込んじゃいました。。笑

「さすが、地元の人は違うな〜」と、僕。

来年リベンジしに行きますよっ!

リュウ
待ってろ福貴野の滝!
まっちゃん
ああ気持ちよかった〜!笑
スポンサーリンク

>>この記事を今すぐ友達にシェア<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です