九州最古の温泉!二日市温泉の博多湯に行ってきた。


スポンサーリンク

リュウ
どうもリュウです。

今回も渋めの温泉!攻めて来ましたよ!

二日市温泉博多湯へ

博多から車で約30分。福岡県中部に位置する二日市温泉は、1300年の歴史を持つ九州最古の温泉。

その中でも抜群の存在感を放っているのが、タイトルでもあります「博多湯

夜に行ったんですが、雰囲気ありますよ〜。

バス停も目の前にありますね。なかなかいい感じです。

それでは、いざ中へ!

まずは料金!入浴料300円!安い!w(1ヶ月毎日入っても9000円ですw)

営業時間は午前9時~午後9時/年中無休とのことです。

博多湯についてのHPページからの説明ですと

「博多湯」は1860年(万延元年)の創業以来、大勢の人たちを暖かく迎えてきました。「温泉は地域の財産。恩恵は皆で分かち合う」という当時からの家訓を守り続けています。創業当時の風情を感じる木造3階建てで、2階部は休憩室として開放しています。

そして何と言っても自慢なのが「泉質の良さ」です。地下260mから汲み上げる源泉を、一度も空気に触れさせることなく、新鮮なまま浴槽へ掛け流しています。もちろん加水・加熱は一切行っていません。高温にしてラドンを多く含むお湯は、硫黄の香りが心地よく、しっとりとしていて「美肌の湯」としても定評があります。

1860年からの営業!つまりは今が2018年なので、150年以上続いている歴史深い温泉になります。

温泉の質の良さともありますが、確かに硫黄の香りが漂い、温度は熱くもなくぬるくもなく適温で、ずっと入っていられそうな心地よさです。

ただ僕らが行ったタイミングでは、人がとても多く満員でびっくりしました!(地元の人から人気なんだと実感)

中の写真が撮れませんでしたので、博多湯のHPから引用です。

露店風呂などはなく、こちらの浴場のみになります。

お湯が持ち帰れる!?

温泉を上がると入り口にあったんですが、

なんと、お湯が有料で持ち帰れる!ちなみに飲めるみたいです。

そして源泉コーヒーや蒸したまごもありますよ〜。

2階には休憩室もありますので、湯上りにまったりしていくのもありですね!

最後に、博多湯の目の前には「御前湯」もあり、こちらもなかなかの存在感です。

温泉はしご〜なんてもありですね!

みなさんもよかったら行ってみてくださいね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です